正しい洗顔でニキビケアを

    ニキビケアに関して、意外な落とし穴があり皆様が知らず知らずに行ってしまっている可能性があります。
    まず、洗顔のし過ぎはご法度で、多くても朝と夜の二回に止めておくとよいです。

    理由として、洗顔を多くしてしまうとお肌が乾燥し易くなってしまい、ニキビによる炎症を抑制してくれている水分までが抜けてしまう場合もあり、更に洗顔のたびにニキビに刺激を与えてしまい、悪化の原因にもなってしまいます。

    ニキビ洗顔はニキビケアに大事なポイントです。

    次に、強力な洗顔料やクレンジングを使ってしまう事ですが、こちらもお肌へダメージを与えている可能性があり、自分にあった強さの洗顔料やクレンジングを使う事が大切で、判断できない場合は医者などに相談するのも良いです。

    更に、冷たい水や熱すぎるお湯での洗顔も良くはなく、お湯でやるとよい気がしますがこれも炎症の原因になり悪化することもあるので、ぬるま湯で優しく行うのが良い方法です。

    また、オイリー肌の人はニキビになりやすいイメージがありますが、逆に乾燥肌もニキビになりやすく、原因としては潤いがないので炎症が起こってもそれを抑えてくれる水分がないのでニキビができやすくなっており、適度な保湿も必要でコラーゲンを含む食材やビタミンCなどを摂取するとよい結果に繋がります。

    ニキビケアは一日や二日で効果が現れる可能性はとても低いですが、そこで無理に焦ると悪い結果になってしまうこともあるので、やって損はけっしてなく、毎日の積み重ねが大切です。